いつでもクイズスタディの紹介

いつでもクイズスタディは、自宅でいかに効率がよく勉強ができるか?を考え、勉強に役に立てそうなYoutubeの動画をカテゴリー毎に分類して紹介したり、複数・予習をするための選択クイズ方式の問題をブラウザアプリとして提供しています。

現在の受験などの勉強で一番大事なのは暗記することだと言われています。当然暗記しただけでは意味が無いのですが、数学の公式を覚えたり、国語の漢字を覚えたり、英単語を覚えたりすることが、まずは大前提になります。単語や公式がわからないと、問題を理解することすらできません。また、答えの漢字や単語を覚えていないと理解はできるのに解答することができません
その暗記に一番必要なのが「反復練習と記憶の定着」になります。
このサイトでは、以下に退屈な反復練習を繰り返すかということを考え、時間の空いた時に5問ずつクイズ形式で出題し、他の人と競い合えるゲームアプリのイメージで作っています。
また、出題される問題も登録された順番ではなく、ランダムで問題を出力し、解答欄もランダムで入れ替わるようになっているため、通常のhtmlベースのクイズサイトと違い、復習中に解答の中身よりも順番で覚えてしまうといった事が防止できます。

近年のコロナの影響で自宅に居る事が増え、勉強の遅れが気になってしまい、将来を不安に思っている方、様々な理由により不登校になったりした方の勉強の役に立てれば幸いです。

  1. 記憶はどれぐらい忘れる?
  2. 記憶の定着って?
  3. 自宅であれば五感を使って勉強できる
  4. 苦手なジャンルを過去にわたって復習できる

記憶はどれぐらい忘れる?

 研究によれば、人間は学習後20分後には42%忘れ、1時間後には56%忘れ、1日後に は74%忘れ、1週間後には77%忘れてしまいます。

 だとすれば、常に覚え直さないといけないのか?となるとそういった訳でもありません
 それを防ぐ為には、学習した内容を長期記憶へ移す必要があります

記憶の定着って?(どれだけ長期記憶へ移すか)

初めて覚えた情報は、脳の「海馬」に一時保管され、必要ないと判断されると一定期間で消滅してしまいます。これは「短期記憶」と呼ばれます。反対に、海馬が必要だと判断したものは「側頭葉」に送られ記憶として定着し、「長期記憶」となります。学習した内容を、どれだけ「長期記憶」にできるかがポイントです。

長期記憶のわかりやすい例としては、クラス替えなどがあった場合、新しい友だちの名前が中々覚える事が出来なかった事があると思いますが、日にちが経つにつれて名前を覚えていき、その後はしばらく会わなくなったとしても中々忘れる事はありません。
このように繰り返し覚えることで、「長期記憶」へ記録された学習内容は、忘れる事が少なくなります。
一般的に、長期記憶へ定着されるには、7,8回は繰り返し覚えるのが良いとされています。
いつでもクイズスタディはいつでも時間の開いた時に気軽にプレイをすることができます。間違った問題を重点的に解答したり、ライセンスを購入することで成績が保存され、他のプレイヤーと順位を競う事も可能なため、ゲーム感覚で何度もプレイすることができます
一度正解した問題は、点数がもらえないとかといったこともなく、何度も同じ問題をクリアすることによってどんどん得点がもらえて順位が上がっていきます。
また、正解率が低い問題を解答するほど得点が高いため、すすんで難しい問題を解こうという気持ちにもなります

自宅であれば五感を使って勉強できる

人がものを覚える場合、見て、聞いて、話して、触って、嗅いで覚える事をしますが、通常の学校での授業や塾、自習室などではあまりできないことがあります
「音読」です。自分で言葉に出して、それを耳で聞いて覚える「音読」はただ読んで覚えるだけの「黙読」よりも格段に覚えるのが速いといわれています。ただし他の人が居る場合、お互い邪魔市合ってしますため、自宅など以外ではあまりできない覚え方といっていいでしょう。
いつでもクイズスタディは自宅でも気楽に使う事ができます。PCや、スマホ、タブレットさえあれば学習できるので、自宅であれば自由に「音読」をすることも可能です。

また、このサイトでは、「見て」「聞いて」覚える事もできるように、ジャンル毎に分けられた教育系Youtuberの動画を紹介しています。

 一般の成人の場合、集中力を維持できる限界が50分だと言われています。また集中力にも波があり、人間の集中力が高い状態を続けれるのは15分程度と言われています。
 学校の授業は50分と、集中力の維持の観点から見れば長く、実は効率があまり良くないです。

 物事を暗記するために一番効率がいいのは最初にも書きましたが「反復練習と記憶の定着」と言われています。1つの授業で50分きくよりも、10分でまとまった授業を受け、その後集中力を回復させながら、なんどもクイズ問題を解くほうがはるかに効率が良い勉強だと言えます。
当然学校の先生の方もそのあたりを工夫して色々と授業内容に緩急をつけて集中力を切らさないようにされている方も居ますが、全員という訳ではありません。

その点では教育系Youtuberの動画というのは、10分程度にまとまっているのが多く、集中力が丁度続く時間であり、また誰もが見ることができるという利点があります

苦手なジャンルを過去にわたって復習できる

受験勉強をするとき、あえて中学1年の頃の教科書や参考書を勉強することは、あまりしないことが多いです。本来の受験の範囲に入っているにもかかわらず、どうしても今使っている教科書や参考書だけで勉強してしまいがちです。

実は、勉強が苦手になってしまう原因として、「小3の壁」というのがあります。
「小3の壁」小学校3年生になると勉強でつまずく理由について考えてみました。
https://ehon.club/3rd-grade-wall/
えほんクラブ様のHPを参照
実は、勉強が苦手になってしまったり、嫌いになった原因は小学生の頃の授業が原因だった人は沢山いるんですが、いざ、中学生になっていまうと、小学生の頃の学習はしなくなってしまいます。

いつでもクイズスタディで学習する場合、小学生の問題も含めてすべての範囲の勉強をランダムで出題することが可能です。またライセンスを購入された場合、その中でも更に自分の正解率が低かったジャンルがわかり、いつの時から、その教科が苦手になったのかが判明したり、さらに集中的に勉強して克服することが可能です。



いつでもクイズスタディのページへ